百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

雑感

恩恵がないのに安倍政権を支持する人たち

貧困層、中間層、若者が安倍政権を支持する理由は何一つないんだが、2012年の首相復帰以来高支持率を維持している。妄信的に支持する層はアレだから別として、「他に適当な人がいないから」「就職が好調だから」といった理由で支持をする人たちは自分た…

田舎は夏が1番

湿気が多少あって風が心地よく、田んぼに稲が植わり田園風景が広がっている田舎。自転車でブラっと走ると「生きるって素晴らしい」と思えてくる田舎の夏。 僕は夏の田舎が大好きだ。自分も含めてすべてが躍動しているように感じる。農作業をすると心地よさは…

置き去りにされた人々

「置き去りにされる人々」は村上龍のエッセイ、『すべての男は消耗品である』に掲載され、2007年に幻冬舎から出版されている。 置き去りにされる人びと―すべての男は消耗品である。〈Vol.7〉 (幻冬舎文庫) 作者: 村上龍 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日:…

ヒューマニズムより金と権限

2012年の夏だったと思う。僕は東日本大震災の被災地を巡る旅をしていた。陸前高田、女川、大船渡、釜石、気仙沼に行った。被災後1年以上経過していたせいかボランティアの数は思ったより少なく、復興のための重機と大型トラックが多かった。 各被災地を回っ…

非科学的な「治療行為」の影響力

ガンで亡くなった人が存命のときに強く印象に残っていることがある。人は死を目の前にすると藁にもすがることだ。「○○でガンは治る!」とエビデンスに乏しい本でも片っ端から読み漁る。あるときはアナグマの尻尾をすりつぶして粉にして小瓶に入れたものを1…

合わない人がいたら

気が合わない人は誰でもいると思うんだけど、みなさんはどう対処しているのでしょうか。僕はどうしても顔を合わせないといけないとき以外は意図して会わないようにしています。世の中の多くの人は我慢してその場しのぎで場をやり過ごしてうまくやっているの…

寄付は気軽にできる社会貢献

NPO、政治家、NGOなどどれか一つでいいから寄付をしたことがある人はどれくらいいるのだろう。最近はクラウドファンディングやポルカで興味のあるプロジェクトに寄付する人が増えてきているとはいえ全体としてはまだ少ない。 newswitch.jp 11位以降は、英国…

日本の男は茶碗くらい自分で洗え

都会と田舎どちらも一緒なんだろうが、日本の男は家事をしない人が多すぎる。 www.newsweekjapan.jp 家事分担率が18%しかなく世界最低。家事が好きとか嫌いとかそんなくだらないレベルの話をしているのは同じ男として論外。ひとり暮らしなら炊事・洗濯全…

なすが発芽するまで、虐待は暴力装置

まずは1週間後 播種して4日経つ。2月の厳寒期に夏野菜を育てるとなると普通に種をまいても芽は出ない。ハウスのなかで温床、もしくは温度調節機械を使って温度管理をしてトンネルをして育てるのが一般的。はじめてなすを育てたときも温床を作ってナスを播…

ヤクザが外食をはじめていた

ヤクザは下火なんですかね。昔からヤクザの家で有名だったところが外食屋に転換していた。 外観は変わってなくて塀は4メートルはあり有刺鉄線が張り巡らされ、玄関はシャッターている。昔は基本的にシャッターは閉まっていてたまにオープンにしていた。家の…

児童書と読書習慣

I am a bummy. My name is Nicholoas. I live in a hollow tree. In the spring, I like to pick flowers. I chase the butterflies, and the butterflies chase me. In the summer, I like to lie in the sun and wathch the birds. And I like to watch th…

過激な言葉から距離を置く

ネットだと「普通の言葉」より過激な言葉のほうが受ける。ネットだけじゃないか、テレビ、新聞などのメディアも読者に読んでもらうためセンセーショナルなニュースを流す。僕たちは悪いニュースを読んで社会が分断されていると思ったり格差が拡大していると…

淡々と作業など

朝一番は寒いので布団にもぐってやりすごして、大根、白菜、ターサイたっぷりのみそしるとご飯を食べて、暖かくなった10時くらいからほうれんそうの収穫・出荷をした。大根と白菜の出荷もしたいけど11月から価格がずっと低迷しているので出荷できない。…

正義の味方は怖い

人間には矛盾した二面性がある。貧しさに苦しむ人たちを助ける活動をしているかと思えば、親しい弱い人たちを蹂躙していたという話は珍しいことではない。「良い人だったのにどうしてあの人が?」というのは他者をじっくり観察したり小説を読んだことがない…

初詣していない

毎年大晦日から正月3日間は人が多いので世の中が定常運転に戻ってから参拝するようにしていた。今年は人が少なくなっても初詣はしていない。一番の理由はめんどうだからだけど、初詣しなくても自分がやるべきことを淡々とやればそれでいいと思っている。自…

過激なビーガンたち

肉に関係する動物性タンパク質を一切食べない完全菜食主義者もいればある程度許容するビーガンもいるそうだ。自分が知るビーガンたちは動物を食べない代わりに大豆を加工して「もどき食品」を食べている人が多い。 MODOKI菜食レシピ-肉・魚・卵・乳製品なし…

今の時代も悪くない

「昔は良かった」というのが昨今はよく耳にするが今の時代もいいところはある。 昔はみんな結婚して子どもをつくって嫌なことがあっても離婚しないの普通だった。離婚した父子、母子家庭は偏見の目に晒されていたし、子どもを持たないと「奥さんの畑が悪いか…

NHKが家にやってきた

師走で年末をダラダラと家で過ごしているときにNHKはやってきた。突然玄関のドアを叩いて「すいませんー」しか言わないから近所の年寄りが来たのかと思った。「NHKです」って言うと対応してくれないから言わないんだろうな。 NHK「NHKの藤田と申します。受信…

忘年会で収支を公表しない人

世の中はいろいろな人がいるとはよくいったもんで、本当に自分の想像を超えることがあると驚かされる。 12月はあちらこちらで忘年会が開かれていますよね。幹事になると2時間飲み放題で3000円、4000円、2次会はカラオケで2000円とか、集まる…

所有の変化

物に名前を書く高齢者 都市部の高齢者は知らないが田舎の高齢者は物に名前を書く。タッパ、スコップ、水筒、弁当などなど何でもかんでも書く。60歳代はあまり書かず70歳より上の世代に多い。80歳になるとほぼ全員書く。 見栄えを考えたら超絶ダサいし…

自立と依存

依存先が少ない 世代間格差を語るとき、若者が高齢者によって搾取されている文脈で用いられる。貧乏な若者は少ない給料から納税して、高度成長期に資産形成をした裕福な高齢者に貢ぐのはフェアじゃない。だからもっと高齢者への分配を減らすべきだと。 若者…

朝のファミレスは高齢者の時間

ファミレスは関東ではサイゼリアだが、九州ではジョイフルが主流だ。田舎でもジョイフルが1軒はだいたいある。僕の住む大分県がジョイフル発祥の地なので大分の各市町村にはジョイフルがどこでもある。 昔はどの店も24時間営業だったけど、人手不足と深夜…

300円のうどんと600円のラーメン

用事やらなんやらで大分県の県庁所在地である大分市に行くことがある。朝行って昼過ぎには帰ることがほとんどだけど、せっかく出かけたので何か食べたいと思う。 鳴門うどんという安いうどん屋がある。 phrase-oita.com 大分県にしかないうどん屋チェーン店…

政治ニュースが好きだ

いい時代になった。タダで世界各地のニュースを無限にみることができる。BBC,CNNなど有名どころはもちろんのところマイナーな国のニュースも無料だ。 小さいときから政治のニュースが好きで新聞を読んでいた。大人になってからは紙媒体の新聞からネットに完…

オリンピックも万博もどうでもいい

大阪万博開催が決まった。2年後のオリンピックのあとに開かれるので「国家的イベント」が続くわけだ。オリンピックと万博に興味のある人はどれくらいいるのだろう?また、喜ばしいと思う人もどれくらいいるのだろうか? 政治家の方々や大手既成メディアはま…

タヒチは遠い

寒くなってきましたね。今朝は雨だったので比較的暖かったが、日中は気温が上がらず寒い。野菜の袋づめをするときは影でやるので寒さが堪える。普段はあまり聞かない音楽を流して無理やりテンションを上げてやっている。今日は懐メロを聞いてがんばった。 明…

居酒屋は好きだけどタバコが嫌いだ

都会に住んでないので頻繁にはいけないけどたまに居酒屋に行く。昔からある古びた居酒屋が好きで、一人のみが出来る雰囲気の場所が好きだ。誰にも邪魔されず自分のペースで酒を飲み肴を食べるのは最高の時間だ。 ただ一つ嫌なのがタバコ。服に匂いはつくし、…

運転免許更新という壮大な無駄

運転免許更新に行ってきた。無事故無違反だったこともあり優良講習30分聞けば終わった。早く終わらせたかったので1番に並び一番最初に免許証をもらって早々に帰宅した。サラリーマンだと土日に行かざるをえないだろう。週末は団子状態で混む。よかったー平日…

最終巻「すべての男は消耗品である」で終わった

日本作家で一番好きなのは村上龍。彼の作品に登場する人物に救われてきた。趣味的ではなく生きるために読んでいたときもあった。 30年間続いた連載『すべての男は消耗品である』が最終巻を迎えるということで書店で買って読んだ。ガッカリした。『限りなく…

忙しいと頭がショートする

スケジュール帳に予定が埋まってないと不安な人がいる。そういう人は忙しい状態にないと不安になるだけで予定の中身はあんまり関係ない。自分の場合は逆。何もないほうが落ち着く。 最近色々あって忙しかった。普段のリズムから外れると3日くらいが限界。1日…