百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

農業

農業は高学歴の世界に

お年寄りは僕が農業をしているというと「大変でしょう、百姓は」「なんで百姓なんかするの。勤め人のほうが楽なのに」「農業じゃ食べていけん」と口をそろえて否定的な意見を言う。昔、百姓する人は親から強制的にやらせていた学がない人だったから彼らが否…

大根の種まき

8月のお盆が終わったあとに一発目の大根を播種した。発芽は順調だったものの季節外れの長雨と低温が2週間続き、葉がダイコンサルハムシに食害されている率が高い。今は突然季節外れの雨や高温になることを想定しながら作つけする必要がある。 2発目は9月…

なす褐色腐敗病と葉物には農薬使いません

なすが致命的病気になった 生長点が褐色になり成長はして花は咲くものの、商品にならないなすができている。調べると「なす褐色腐敗病」という病気になったのがわかった。(多分) www.takii.co.jp 糸状菌(カビ)が原因とあるので間違いないだろう。ナス科…

季節が変わった、自分の身の丈を知る

台風が季節を変えた。大型でゆっくりとした台風だったから台風後は猛暑にならず涼しくなると予想していたので的中した。これから夏野菜から秋冬野菜に少しずつ移行していく。9月までに秋冬植えないといけない。体が疲れているけどうまく休みながら乗り切る…

農業は儲からない?

田舎のおじいちゃん、おばあちゃんは僕が農業をしていると言うと 「よく農業やるね、農業は儲からなくて大変なのに。コメなんか作ってもつまらん」と口を揃えて言う。「農業っていいね!儲かって楽でしょ?」みたいなことを言う年寄りは一人もみたことない。…

忙しいなかにも…

なすとトマトの管理・収穫、出荷に追われている。毎朝5時から作業して夕方まで走り続ける日々が続いているので1日が終わるのがあっという間だ。夏野菜を育てるとこうなるのはしかたない。管理しないと良い実ができないし買ってくれない。 なすは高値で推移…

中山間地域の農業

中山間地域は山が深く農地は狭くて集約化が難しい。段々畑を区画整備して一つの畑にするのは相当なお金がかかるし、そもそも一つにするのはできない。平地のだだっ広い畑で野菜やお米をつくるより手間が2倍4倍かかる。 耕作放棄地は年々増える一方で畑より田…

大規模化と逆行

「農地を広げて市場を通さず直接契約して従業員を雇用し、更に面積利益ともに拡大する」のが農業の流れとなっている。種苗メーカーの雑誌にも大規模経営者が次々と登場する。国が大規模、6次化を推進して大量の補助金を投入しているので、当分この流れは続…

うまくいかないとき

激しい雨が続いて今日は穏やか晴れとなった。昼前からむし暑くなり外で農作業するのはしんどい。 雨が続き暑くなったのでナスに半身いちょう病、トマトは生長点がなれて機全体が萎れる症状がでた。 ナスは本格的につくるの初めてだから諦めがつくとしてトマ…

食っていければそれでいい

僕は、おじいちゃん・おばあちゃん、お父さん・お母さんの代から農業を生業としてきて受け継いだ伝統的農家とは土俵が違いすぎる。機械を所有し販路を持ち人的ネットワークを持ち目に見えない資本まで持つ状態から始められる。何も持たない新規就農者がその…

なすの生育、ようやく梅雨入り

2月に播種したナスたちの収穫をしている。4本仕立てにしているので花がたくさん咲いている。毎日追肥もしているので一つの花に2つ、多いときは4つ咲いているときもある。これから収量はさらに増えていくことになる。 育苗のときに電熱や温床を使わず「ひ…

農業をする人が減るのは必然

農業に携わって日は浅いものの農業人口が増えることはないなと思っている。産業構造が変わって第一次産業の人手は大幅に減少したことは除いても、増えることは考えにくい。 基本的に農業は田舎ですることになる。都市に隣接した農家はそれほど多くない。田舎…

異常気象は普通気象に

九州南部が梅雨入りした。北部も例年通り来週には梅雨を迎えることになるだろう。ここ数年梅雨の間の異常な大雨が状態化して全国各地で災害が発生している。農業に従事している身としては作物が何事もなく育ってくれることを祈るのみ。1時間で100ミリ降…

葉面散布、ドローンで自動化

3日間続いた雨が終わり快晴となった。予報によると1週間晴天の日が続き日中の最高気温が30度になるそう。今年は朝晩の温度が低いせいか生育が遅いため気温が上昇するのはありがたい。 気温が上昇し日射量が増加するので、潅水量を増やさないといけない。…

ガチで新規就農をする人を心から尊敬する

新規就農者は年々増えている。いわゆる農的な生き方に憧れてとか田舎暮らしをするための手段としてとか…理由は様々であれ、僕は親が農家じゃなく農業と縁のない生き方をしてきたにもかかわらず農業をやる人たちを心から尊敬している。 僕の場合農業をやりた…

今のうちに…

ほぼすべての定植作業を終えた。残っている苗は本数的にも大した量じゃないんで、来週火曜から雨が続くそうなのでその前の日に植える予定。 定植が終わったら潅水を中心とした管理作業になる。トマト、ナスといった果菜類は水管理と脇芽などの管理で質と量が…

誰でも1人になるかもしれない

田舎にいるから若い人と話すより年寄りと話すことが多い。年齢が上に行けば行くほど自分勝手で自分の主張をガンガン言ってくる。脈絡なくいきなり話すときもあるから個性的でそれなりにおもしろい。 先日農業つながりで知り合った70歳のおじいちゃんと話した…

農作業など

夏野菜の植え付けがもうすぐ終わろとしている。4月は怒涛の日々で、耕うん、マルチ、種まき、定植、草刈りと毎日なんかしていてあっという間に終わった。この時期にがんばらないと夏野菜収穫できないからやるしかなかった。無事に終わりそうなので一安心。…

確実な成長

2月から育苗したナスを定植した。温床もしくは温熱器がないこともあって「ヒョロ苗」になってしまった。ナス専業農家がみたら使えない苗やな!と絶対言われてしまう。バカ苗!じゃないかと。(ダメな苗のことをバカ苗と本当に言う) 一番花がつくまで育苗し…

久しぶりの雨、AIが仕事を奪っても…

2週間ぶりにまとまった雨が降った。畑がカラカラでトラクターかけると砂埃がすごかった。夏野菜を定植してから快晴で暑い日が続いていたのでありがたい。この雨で活着するだろう。雨は偉大だな。灌水しても雨と同じ量をあげることはできない。自然のバランス…

動きたい、動きたくない

好きで農業を始めたわけではなく、自分で食べていくために何かないか探していた過程で運よく就農できた。やってみて身体はキツイし休みという休みはないけど自分で一日をコントロールでき畑で野菜を育て売る行為は向いることがわかった。 ただ、一つ悩んでい…

計画は必ず変わる

昨年末に今年度の作付計画を練った。夏野菜をつくろうと思ったら半年前から準備しないと間に合わない。夏野菜が終わったあとのことも考えておかないと冬野菜ができなくなっちゃう。計画は細かく決めたものもあれば大まかに決めたこともある。大事なのはどち…

批評家が多すぎる

自分の周りには、何かしようとしている人、何かをしている人がいて、成功しているのはごくわずかでほとんど失敗をしている。失敗して心が折れそうになっても糧にして前へ進む人、違うことへ挑戦する人、何もせず嵐が過ぎ去るのを待っている人と失敗への対処…

畑を細々動いて疲れた

関東は雪みたいですね。秩父の映像みたら粉雪じゃなくてガッツリ雪が降り積もっていたので驚いた。農家が心配。育苗中の夏野菜は保温しないといけないし、畑に定植している苗はトンネルしてもダメになるやつがでてくるだろうし。今年も気象の変化に悩まされ…

畑モード

昨日から一気に暖かくなった。朝晩の寒さも弱まり本格的な春を感じられる。畑は冬場に育苗していた苗たちを定植するようになっていると同時に種をまいて育苗もしているので、畑も本格的に動き始めている。 昨年のこの時期は佐伯市に引っ越し新しい生活を始め…

性善説を前提としない

昨年、ハウス栽培された旬のメロンやすいかが盗難にあった事件があった。農業は外で固定された場所でやる仕事だから何がどこにあるのか把握しやすい。最近だと野菜や果樹だけではなく盆栽も盗難にあうようになったようだ。 www.agrinews.co.jp そろそろ農に…

8℃でも生育している

1月、2月と暖冬が続いていた影響で白菜や高菜のとう立ちが例年より1ヶ月早い。白菜はとう立ち菜が史上最高にうまいんで毎日サラダ、みそ汁に入れて食べている。 3月に入ってから朝晩の低温が続いて日中も風が冷たい。予報だと暖冬が続くと言っていたのでハズ…

2019年でもネットより実店舗のほうが安い農業

マルチ、緑肥を買おうと思ってアマゾンと検索してでてきたサイトを調べるとめっちゃ高い。実店舗の倍どころか10倍高かったりする。まったくもって意味不明な状況だ。小泉進次郎が農政部会長のとき、「日本の肥料費は韓国と比べて高い」「仲卸業者が跋扈し…

白菜のとうだち菜

白菜のとうだち菜 安値で推移してほとんど出荷しなかった白菜たちのとうだちが始まった。白菜は出荷できなくても全然問題ない。あらゆるとうだちのなかで白菜は断トツにうまい。ターサイ、小松菜、チンゲンサイ、ビタミン菜、大根…色々なとうだちを食べてき…

なす発芽

2月の厳寒期に温床、育苗器なしで夏野菜のナスが発芽するのかどうか実験的に育苗していた。結論から申し上げると発芽しました!発芽するだろうなと思っていたけど発芽するまでは不安でしたね。毎日朝昼晩様子をみて温度調整をしたかいがあった。暖冬だった…