百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

しなやかに

ルールを強くすると、ルールを守れる間は問題なく過ごせても、何かあったときにキツくなる。 相手のことがすごく気になっても余計な介入をしないほうがいい。人それぞれ事情があるわけだけであって、時が来ればだいたいそういうことはあるべきところに落ち着…

混乱、混沌、その先

世界が混乱している。特定できないリスクの見通しが全く立っていないから、日本ではトイレットペーパーを、イタリアではパスタを買い込む。 この混乱がいつ収束するのかはわからない。現時点で、韓国は新規患者が減りピークを過ぎたのではないかと報道され、…

農業は企業、資本主義の論理では続かない

土地と資本の大規模化をすすめ、大規模農家は大企業と手を組み利潤を最大化するやり方が一定の層に強く支持されている。政治家、農水省が推し進めていることも関係しているのだろう。 ダイヤモンドは、農協の解体を声高に主張し、数字とスキャンダルを用いて…

疫病と農業

新型コロナウイルスで全国の学校が来月2日から1ヶ月間休校になる事態にまでなった。 www.asahi.com 是非はともかく社会が大きく混乱することは間違いない。何も期待できないが、さすがいに今のような異常事態では大規模な財政出動と一時的でもいいから大幅…

田舎には希望がある

まだ正確に言語化できてないが、田舎にいると希望を感じることができる。人はいないし年寄りばかり、産業は少ない、女性蔑視の男優位と時代に適応できてないところは山のようにあっても希望がある。 21世紀初頭の混沌とした世の中で生きる僕ら。100年前に比…

無農薬でも慣行でもどっちでもいい

農薬を使わず野菜などを育て販売している「有機無農薬農家」は農薬と化学肥料を使う農家を批判する。一方、スーパーなどに売られている野菜を栽培する「慣行農家」も無農薬農家を批判し馬鹿にする。 「有機無農薬農家」は慣行農業は土壌を汚染し、人体に悪影…

新規就農者が全滅するわけ

政府の規制改革推進会議 新規就農者が全滅しているのはなんでか考えようよ。 pic.twitter.com/vCSQzXCAoC — ゆーたろー (@tanemomi16) February 11, 2020 内閣府によると専門委員の一人が「新規で個人で就農した人は頑張っても、みんな全滅している」と指摘…

新規就農はやらないほうがいい

ゼロから農業したい人に相談されたら「辞めたほうがいいです」と答える。土地、機械、資材、金を素人が揃えて継続的にやるのはほぼ無理。10年後10%残ればいいほう。 ユニクロの柳井が農業に参入して1年で撤退している。あのユニクロですらたった1年しか続か…

年々、世界の潮流から取り残されている

グレタさんが毎週金曜日学校をストライキして気候変動の危機を訴えて1年もせずに世界的な影響力を持ち、遅々として進まなかった気候変動対策が大きく進もうとしている。 政治家は気候変動に対して何もしないことがリスクになり自らのパワーを失い兼ねないよ…

田舎に住もうぜ

都市に若い人が集まるのはわかります。田舎はガチガチの年功序列だし21世紀じゃなくて江戸時代かのようなことが多いですし。この流れを止めるのは当分無理でしょう。 安定した仕事があったとしても都市部への人工集中は変わらないです。本質的なところが変ら…

ヤンゴンの屋台で噛みたばこをつくるところ

ミャンマーのヤンゴンに行くと、路上では噛みたばこが売られています。売り子は年配の女性。噛むと苦くて口が真っ赤になります。体に悪いの間違いない…。若い人たちからは葉たばこは犬猿され、もっぱらオジサンたちの嗜好品となっているようです。 ミャンマ…

MMTが正しくて賃金が増えたとしてもハッピーにはならない

経済は疲弊し古くて使い物にならないシステムを無理やり残していて衰退している日本。新しいシステムを構築することは明らかだけど、今はそこまで悪い時代じゃない。むしろ30年前、50年前とくらべると間違いなく今のほうがいい。 インフラは整備され、人…

温床作り

温床をつくりました。音楽流して踊りながらやりました。 ★温床の材料 ・落ち葉 ・米ぬか ・もみがら ・野菜残渣 ・腐葉土 ・水

冬はダメ

冬はやっぱダメだな。健康的な生活、5キロランニングをしても体調があまりよくない。体を動かせばなんとかなると思ってやってみたもののいまいち。 こうなったら暖かくなるまでゴロゴロしよう。暖冬とはいえ寒いのは寒い。 暖かくなったら動きますかね。

変わろう

いろんな人生があって、人それぞれの理由があって生きている。僕はこれを「当たり前」と思っている。昔は(おじいちゃんおばあちゃん世代)は自分がやりたいように生きることができなかった。家とムラの維持が最優先だったため、個人に選択する権利はないに…

田舎と距離を置く

田舎で暮らすと田舎ならではの、ロジック無視、合理性なし、年功序列男優位なことに出くわす。第一次産業に従事すれば100%「ここは21世紀か?」と思わせてくれることを経験する。 田舎が衰退したのは複合的な要因からだが、田舎特有の閉鎖的な人間関係は原因…

「なぜ隠蔽したのか」だけが知りたい

大富豪で未成年への性的虐待容疑で逮捕され監獄で自殺したジェフリー・エプスタイン。元MITメディアラボ所長伊藤穰一は、エプスタインからメディアラボと個人の投資ファンドに寄付を受け謝罪したものの、本人が当初語っていたことより、密接な関係であったこ…

突発性難聴になって完治した記録

突発性難聴について、経緯 昨年、突発性難聴になりました。「突発性」と病名につくだけあって突然前触れもなく発症しました。 突発性難聴は発症すると治療しても、60%が悪化して治らないか、何らかの障害を抱えるという厄介な病気です。(ネットで検索すると…

住むところと食べ物さえあれば死なない

雨露しのげる程度でいいから家と3食腹いっぱい食べられる食べものを自己責任で確保位しないといけないのはおかしい。これだけ豊かな社会なわけだから国がこの2つだけは国民のために提供するべきだ。 家と食料さえあれば死なない。家と食料があれば少しのお…

2019年の締め

何もない年はない。今年も色々ありました。少しだけ年齢を意識せざるを得ないこともあり、一つとして同じことはこの世にないことを痛感しています。 年が変わっても気の向くままに生きよう。 何かのキッカケで百姓日記をお読み頂いた皆様、よいお年をお過ご…

排除しない

自分の考えに合わない人がいる。政治家でも有名人でもまったく理解できないことがある。政治の場合は誰にでも利害があることだから意見対立は避けられない。あるのは自然なことだ。 自分の考えに合わない政治家、政党がいなくなったらスッキリする。自分に合…

反社会的勢力は死語になりました

「反社会的勢力は定義できない」と「閣議決定」された。 ヤクザ、非合法組織、これらに関わるのを躊躇していましたが、これからは堂々と深く付き合っていきます。 会社を運営されている起業家、社長の皆さんは、「当社は反社会的勢力と付き合っていません」…

先生は自分の考えを疑っているか

僕が子どものときと学校で教える内容は変わってきてるとはいえ、教師が変わらなかったら意味がない。 先生たちが多忙なのは知っているし子どもの教育力を上げるため奮闘しているのも分かっている。不祥事教師は全体の一部にすぎない。99%は本当に真面目だ。 …

同窓会について

「同窓会」と検索すると、否定的な意見がトップに並んでいた。そのなかでお笑い芸人のハライチの岩井さんのコラムがとても興味深くておもしろかった。 www.bookbang.jp 本当に仕事と私生活に満足している人間は同窓会など開かないということだ。端から見て私…

移動コストは安くなれる

飛行機でヨーロッパから東南アジアまで99ドル、日本から東南アジアも1万円で行けるのにどうして日本国内の移動は高いのかわからない。 新幹線だと九州から関西まで行くのに片道15000円くらいする。なんか変だ。これだけ海外に行く人が増えているのに国内移動…

農と遊牧の間

定住を基本とした農業は長期的な視野を見据えながらやり続ける。1日、2日で物事が動くことは稀だ。結果が出るまで時間がかかる。 現代は短期的なスパンで結果を出すことを求めれるので農的な生き方とは相容れるのは難しい。すべてを効率で追い求めると長く農…

古きより新しいこと

歳を重ねると出会いと別れ、別れのほうが少しずつ多くなる。自分が生きている環境も変わる。昔遊んでいた人たちと久しぶりに会うとお互いの人生が別の道に進んでしまったことを実感する。あれほど話すことがあったはずなのに今じゃ話が噛み合わず物足りない…

100万あれば田舎で生活できる

ワーキングプアや働いても収入が増えず苦しい生活をせざるを得ない人たちが統計をみても実感としても増えている。普通に生きることが難しくなっているなかで普通に生きられるようにする試みがあっちこっちでやっている。シェアハウス、シェアリングエコノミ…

本を読み居酒屋に行く

農繁期が終わってまとまった時間がとれるようになった。どうしても農繁期はやらないといけないことに追われるから農業以外のことがなかなかできない。 図書館に行って気になる本を借りて読んだり、本屋に行って新書を読み、居酒屋に行って飲み、違う景色を味…

定植の最終段階と一つの段階を終えた

秋冬野菜もあと少し この前の台風は夜中に猛烈な風が吹いたものの被害はなくほっとした。定植した野菜たちも定植してまだ1週間程度だったので無事にやり過ごすことができた。 白菜、ターサイの植え付けはほぼ終わり、最後の大根も巻き終えた。残っている苗…