百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

田舎道を自転車で走ると発見がある

発見

pink bike

田舎はコンパクトにまとまっていないので車であっちこっち行くことになる。運転すると基本的に道は通過する場所でしかない。

僕は暇だから普段車で通る場所を自転車で行ってみようと思いたちすぐに行くことにした。ついさっきまで回っていたんだけど、発見がたくさんあった。

まず、気温。お盆を過ぎてから気温が下がり猛暑は終わった。風が冷たくて朝晩は冷えだした。午前中から昼間にかけても同じで下り坂を自転車で行くと風がつめたくて涼しい。ダイレクトに気温と気候の変化を感じられる。

下り坂の途中にお地蔵さんがあった。ちゃんと管理されていて、頭巾をかぶりお茶とお菓子のお供え物をしていた。小さなお地蔵だったけど、集落の人にとっては大事なものなんだろう。

次に、神社。田んぼの近くに鳥居があって説明書きが書かれていた。どうやら田んぼにそって山道を登ると神社があるらしい。おもしろそうなので登ってみたが、舗装されておらずイノシシの足跡が大量にあって途中からは草が茂って歩くことができなかったので断念した。田舎は獣害が年々ひどくなっているし年寄りしかいないから公共物を維持するのが難しくなっていることを実感。

あとトンネルの構造。古いトンネルがあってデコボコがあった。そのデコボコが規則正しくあったので意味があってつくったんだろう。どういう意味があるかはわからない。トンネルに入ると風圧が違ってくるから体にちょっとした負荷がかかる。トンネルをでると一気に風が変わって心地よくなる。

通過する車は、自転車を避けて通るわけだけど、普段歩行者も少なくましてや自転車に乗ってるのは皆無だから「こいつ何してるんだ?」みたいな感じでみられた。お盆週間だから帰省している家族がいるから不審者にはみられなかったはず。

横道にそれるとあまり舗装されてないから自転車がガタガタいってお尻が痛くなった。レーサーが乗るような自転車だったら痛くならないのかも。普通のママチャリだから長時間乗ると痛い。年寄りはビニール袋をサドルにまいて保護しているけど、意味あるのかな。

田舎は何もないのがいい。

田舎には人はいないし目立った公共物や建物はないわけだけど、自転車や歩いたりすると色々な発見がある。何もないから自分だけの世界に没頭できる。頭のなかを無にすると小さな何かがみつかる。

日常に飽き飽きしたなら道を変えたり交通手段を変えると面白い。小さな変化や発見を楽しめるかどうかで人生の質は上がる気がする。イベントより日常のほうがおもしろいし。

静かですなー。田舎は。無駄な情報が少ないから疲れたら田舎に来てダラダラするといいですよ。その際は自転車でぶらぶらまわるとリラックス度が高まる。歩いても気持ちいいけど行動範囲が狭くなるから自転車のほうがおすすめ。

秋がちょっとだけやってきている。冬になると冬眠モードに突入するからそれまでにがんばろう。

新しい友だちと加齢

30歳を超えてから昔の友だちと疎遠になっていっている。同じ場所で生活しているわけではないし、違う生き方をしているから離れていくのはどうしようもないのかもしれない。定期的に会わないと交流を続けるのは難しくなる。遠距離恋愛と似ているね。

どうやら年をとると友だちが離れていくのは自分だけでないそう。人間とはそういうものらしい。

困るのは新しい友だちができにくくなること。小さいときより付き合う範囲が広くなっていても友だちをつくるのが難しくなる。うーん、これは悩みです。

親しくなるのって同じ時間を共有することが大事で、会わないと仲良くなりにくい。30代くらいだと子どもがいることが結構あるから、子育てに時間をとられて会いたいと思っても会いにくい。

人付き合いが得意なほうではないから、自分から相手に飛び込むのは苦手というのもある。表面上はうまくとりつくることができても、深く付き合っていくとその人と交流を続けるのができなくなる。いわゆるコミュ障ですね。

外国に行くと環境が変わるせいかすぐに友だちはできるのですが、距離が離れるので交流が持続しないのがネック。SNSでやりとりはできますが、時差あるし生活そのものが根本的に違うと続かない。

自分の性格と加齢による友だちのできにくさの状況は受け入れていますが、新しい友だちをつくるのがうまくなりたいです。努力して改善できるところもあるのだろうけど、どうでしょうか。わかりませんね。

たまに街を歩くと世の中の多数派はうまく波に乗ることができているなと感じる。僕は会社に行って人とだいたいのところで付き合って働くことができないし、人が集まる場所に行ってもうまく場に合わせた会話するの苦手。こういう話をすると「みんな我慢してぼちぼちやっているんだよ」と言われますが、我慢することがどうしてもできないから、我慢できることで世の中は成り立っているのかなと思う。

自分の人生をぼちぼち歩むのは得意ですが、多数派のシステムに入ってやっていくのはできないです。どうがんばっても。

昔と違うのは、多数派の考え方やシステムに溶け込むことができなくても相手を攻めたり恨んだりせずに自分にあう場所をみつけるなりつくるなりして生きていこうと思えるようになったこと。考え方が変わってからはすごく楽になっています。

親しい友だちもいろいろやっていればみつかるものでしょうかね。生きている間にみつからないかもしれません。自分でつかみとるタイプのものじゃなくて、いつか向こうからやってくるものでしょうか。

人生は続くのでどちらになるかみてみますかね。

long

殺菌剤の購入と混合について【農薬】

殺虫剤の購入

夏は最も虫が活発に動くシーズンです。プロ農家だけでなく家庭菜園をやられている人もせっかく育ったトマトやナスが虫に食われ収穫できないのはガッカリしますよね。

野菜をまもるために虫を退治するのは、いろいろな方法がありますが、殺虫剤を散布するのが効果的な方法となります。

殺虫剤も作物によって種類がたくさんあり、ダニ、ハスモンヨトウ、コナジラミ、ヨトウムシ、カメムシ、テントウムシダマシ・・・など害虫によっても何を使えばいいのか違ってきます。

※トマトにいるダニの写真。他のは気持ち悪いと思う人もいるので自分でみてください。

f:id:guvivva:20160713083951j:plain

 

害虫の名前はネットで検索すればだいたいわかるので問題ありませんが、殺虫剤の種類はお店の店員に聞くことをおすすめします。同じ害虫でもあまり効かない薬剤とよく効く殺虫剤があるので。

簡易的な殺虫剤を買うならホームセンターの家庭菜園コーナーにあるスプレー式で十分です。畑の面積が1反(10a)程度あるなら、ホームセンターならプロも使う農薬コーナーで購入するか、農協を使いましょう。

殺虫剤を混ぜるのはアリか?

1種類以上の害虫が付着していることはよくあります。一つの殺虫剤で退治できればいいのですが、複数の薬剤を使わないといけないときがあります。

2種類の殺虫剤混ぜていいのか?という疑問があると思います。結論からいうと問題ありません。

混ぜても野菜に影響がでることはありませんし、殺虫剤の効果が低下することもありません。プロ農家は殺虫剤の混用だけでなく、殺菌剤も一緒に混ぜて使っています。

殺虫剤の混用で気をつける点はないのですが、殺菌剤と殺虫剤を混ぜるときは注意点があります。

殺菌剤の裏書きには、混ぜて使ってはいけませんと書かれているのはいるのがあります。具体的でよくプロで使われているのは銅剤。使える野菜の範囲が広くて値段も安いので幅広い作物に使われています。

有名なのは、zボルドーとコサイド3000。ボルドーは昔から使われていて80歳の農家に言ってもわかります。

日本農薬 殺菌剤 Zボルドー水和剤 500g

日本農薬 殺菌剤 Zボルドー水和剤 500g

 
三井化学アグロ コサイド3000 500g

三井化学アグロ コサイド3000 500g

 

銅剤を使うときだけは殺虫剤を混ぜてはいけません。もちろん他の殺菌剤も。薬害がでやすく、食べることも出荷することもできなくなる可能性が高いので絶対に銅剤だけはやめてください。

家庭菜園だと自分でつくった野菜だから殺菌剤をあまりまきたくないなと思う人もいるでしょう。旬の時期だけ食べたいならいいですが、長く収穫したり直売所で売りたいなら使ったほうがいいです。うまく農薬を使って野菜を育てよう!

f:id:guvivva:20150611155211j:plain