百姓日記

百姓をやるために田舎で生活しています。

数年働いて休む 個人的な希望 

4年ガッツリ働いたから1年休む

Workers

4年間ほぼ毎日農業にあけくれた。たまの休みも畑が気になって長期間休むことはなかった。大変なことばかりだったし嫌なことも多かったけど、誰かに使われることはなく厳しい自然が相手だったので続けることができた。

ただ、4年もずっと働くとキツイ。一度ゆっくり休んで頭のなかを空っぽにしてのんびりしたくなった。旅に行き、読書をして、おいしい食事をして、家でゴロゴロする。ごくありふれたことだけど、全力で走り続けてきたので休んでのんびりしたかった。

半年間労働をせずひたすら自分のやりたいことをやってきて、煮詰まってきたので、1ヶ月前ほおずきのバイトをした。1週間程度で収穫・出荷作業だったので楽だったし、雇用主も待遇良くしてくれたからいい気晴らしになった。自分で農業するのと違って作業員で短期間農作業するのはすごく楽だ。ちょっと環境変えたいなと思っている人がいたらおすすめする。

学校を卒業して定年まで働き続けるモデルは一部の大企業のメインストリームを除いて崩壊している。現代人は長寿で死ぬまで働き続けることになるので、ある時期まで休まないのは合理的ではない。インターネットの発達により社会の変化のスピードが速く、既存の技術がすぐに陳腐化する。働いてばかりだと学ぶ時間がなくなるので技術についていけなくなる。

長寿であること変化が速いことを踏まえると、2年働いて1年間休むのが合理的選択ではないだろうか。それか1年働いて3ヶ月休んでの繰り返しとか。労働する時間を短くして余暇にあてる。余暇では思いっきり遊ぶ時間と学ぶ時間をつくる。そうすればリフレッシュもできるし技術を学ぶことができる。

高級車を買って、豪邸に住むみたいな消費型のライフスタイルはダサいうえにおもしろくない。田舎に住んでいてもアマゾン開いてワンクリックすれば3日以内に何でも物が届く時代に、消費することで満足することはない。

自分の人生を自分の手でつくりあげているという「虚構の物語」「自由度」のほうが大事だ。世の中もそういう人たちを求めている。

僕は悠々自適な生活をしているわけではないけど、自らの人生を構築している「虚構の物語」は手にしている実感はある。自由度は自分で自由とかわからないし興味もない。他者が判断することだから。

足りないのは未知の他者に会うこと。基本的に出不精で自己完結するので意識しないと知らない人たちに会うことがない。最近は重い腰を上げて会うようにしている。

僕と会いたい人は行くので泊まらせてください。どこでも行きますよー。(いないか)

個人的な希望

 

朝TwitterをみたらTLに気になるツイートが。

今井さんはイラクで人質になったときに自己責任論を浴びせられた。当時僕は中学終わりか高校入学したときだった。彼が異常なバッシングに晒せれ「なんで誰もできないことをした人を叩くのか」と思ったのを覚えている。

同世代で気になっていたから「自己責任 いま明かすイラク拘束とニッポン」を買って読んだ。

自己責任 いま明かす「イラク拘束」と「ニッポン」

自己責任 いま明かす「イラク拘束」と「ニッポン」

 

すごい人なんだろうなと思っていたら、同じ人質になった高遠さんと郡山さんに、尾崎豊が好きなことを今井さんが言うと、2人とも好きじゃないみたいなことを言う場面があって、真面目で正義感が強いだけじゃなくて面白い人なんだなと思った。

現在、今井さんは不登校の子どもを教育支援するNPO法人の理事長をしており、ツイッターでみると日本各地を飛び回り活躍されている。

彼のツイートで日本は貧しくなり希望がないのいうのはそのとおりだ。パンとサーカス。格差が広がっても都市に行けば魅力あふれる食事が食べられ、何でも買える。田舎でも上下水道各種インフラは整備されているので生活には困らない。貧しくなっていても物質的には満ち足りている。

この国にはなんでもある、本当になんでもあります。ただ、希望だけがない。

村上龍の代表作の一つである00年に発表された「希望の国のエクソダス」 でポンちゃんが国会で大人たちに向かって言う名言。

希望の国のエクソダス (文春文庫)

希望の国のエクソダス (文春文庫)

 

18年前から日本は何も変わっていない。何が問題か明らかなのに手を付けず先送りする構造はずっと同じ。先送りするしわ寄せは若年層におしつけられる。

僕は31歳だけど、上の世代の大人たちが新しいシステムに適応できず無理やり古いシステムを維持して、子どもたちに今までとは違う生き方を提示できない姿をみてきた。

例えば子どもが「なぜ学校で勉強しなくちゃいけないのか」「なぜ働かないといけいないのか」と聞いてきたら自分の言葉で話せる大人はどれくらいいるだろうか。「そんなこと考えなくていい!、勉強しないと大人になって損をする。」「働かないと食べていけない」といった答えはポンちゃんたちに無視される。

根源的な問い対して答えることができるのは普段から自分で考え実践している人だけだろう。そのような人は人口の数%しかいない。

今井さんは数%の一人だ。日本の希望のなさの原因を「周りの人」「お金」「住む場所」と言い、それらに関連して行動して、希望をつくっていっているのは誰にでもできることじゃない。本当にすごい人だ。

僕自身希望は与えられるものではなく、自ら掴むものだと考えている。「何が好きか」「何をやっているときが気持ちいいか」「どう生きたいのか」と個人的な希望を考えて探すことをやっている。小さいときからこの3つがわかっている人は天才だからいいけど、凡人は考えて自分なりに少しずつ歩を進めていかないとみつからない。

日本は国家的衰退しているので国に依存したところでお先真っ暗。国家運営している連中みたら一目瞭然・・・。

国より市民、集団より個人とマスが力を失い個人の力が強くなっている。しかも人生は長い。

一人ひとりが情熱を向ける先があればだいたい何でもできる時代になった。今井さんのように10代の頃から活動して大学時代は何もせず大人になって教育のNPOとして活躍する行き方もある。いろんな生き方ができる。誰かの生き方は参考程度にしかならない。自分の人生は自分のもの。変わりはいない。

個人的な希望がすでにある人、まだない人、探している人、どうしていいかわからない人、何もしたくない人、様々な状況がある。ある人はどんどん前に進めばいい。それ以外の人は探し続けるしかない。

年齢?そんなのただの数字。一切関係ない。職業?満足のいく職に就いていても無職であっても一切関係ない。性別人種?性別人種で判断する奴はダメな奴だから無視しておこう。

31歳無職独身男の僕も、新たな個人的な希望を探している最中だ。

f:id:guvivva:20180710192846j:plain

 

 

西成は高齢者の終の棲家になった

<西成の昔と今>

f:id:guvivva:20180711085858j:plain

 

昨日大阪に行ってきた。大阪といえば欠かせないのが西成。youtuberが西成の動画あげたりして一般人も観光がてら遊びに行くようになったとはいえ、まだまだ「スラム街」としてのイメージが強い。関西圏の友人は、西成という言葉を聞いただけで嫌悪感を示して絶対にあそこには行かないと言う。

僕は10年ほど前から毎年西成に通っている。きっかけはバックパッカーをしていたとき大阪で安宿を探していたとき。予約サイトに一晩1000円とあり、西成周辺は同じような激安価格がゴロゴロでてきた。「これは絶対に行くしかない」と思い、すぐに西成に行った。

当時は、すごく汚かった。新今宮駅西口を降りて目の前にある、あいりん労働福祉センター(センター)の横断歩道を渡ると強烈な塩素の匂いが充満していて気分が悪くなった。センターの中を歩くと2階で日雇い労働者かホームレスか見分けがつかないおっちゃん達がダンボールを敷いて寝ていて、話し声が一切ないから怖かった。

センターを出て町を歩くと、普段目にすることのできない光景が至る所でみれた。

日雇い労働者たちが、朝から自販機に集まってビールか酎ハイを買い、至る所で飲む姿。

路上に座り奇声をあげるおっちゃん。

路上で意味不明な演説を始め、通行人にアピるおっちゃん。

失禁と便失禁をして路上で横たわる老人。

裏通りに入ると嘔吐と便がいたるところにある。

60歳くらいの売春婦

などなど、同じ日本とは思えないことが10年前はいたるところにあった。

そして10年経った今、ものすごくきれいになった。まず臭い。塩素の匂いは全くしなくなったし(去年はまだ若干あった)、体臭の臭いもなくなっていた。

裏通りも放置自転車が歩道を埋め尽くし道路にまで広がっていたのが、ご覧の通り無料自転車広場が設置されている。おっちゃんは路上に座っているけどね。

f:id:guvivva:20180711090712j:plain

f:id:guvivva:20180711090717j:plain

三角公園もトイレから激臭がしていたけど、毎日行政がおっちゃんたちを雇用して清掃しているからきれいで臭いがしなくっている。

f:id:guvivva:20180711085855j:plain

他の道路もゴミがほとんど落ちてなくて理路整然と町が整備されている。

f:id:guvivva:20180711090624j:plain

f:id:guvivva:20180711090026j:plain

町は変貌しているが、変わらないのは物価の安さ。自販機は50円、居酒屋もせんべろできる安さ。うどんも安い。西成以外でも大阪は安いけどね。

この店は去年行ったときにはじめてみかけた新しい店。店内は清潔で味も値段に見合ったクオリティ。三角公園近くのアーケイド内にある。有名な外で飲めるホルモンやまきとは反対側です。

f:id:guvivva:20180711090141j:plain

女性でも安心して歩ける町になっている。ただ、夜の一人歩きは絶対にやめてください。全国各地から流れ着いた人たちがいるので何があるかわかりませんので。昼間は全然大丈夫ですよ。

<労働者の町は高齢者の終の棲家へ>

今回行って発見したのは入所型の老人ホームが増えていること。高齢の路上生活者たちを生活保護受給してもらいホームレス状態を解消しているそうだ。雇用も増えるし一石二鳥といえる。

町を歩いても若者はほとんどにいない。日雇い労働で生計を立ててきた高齢者たちしかみない。(外国人は増えている)

生活保護を受給してもらい福祉制度によってホームレス状態の高齢者たちを老人ホームに入居させるのはいいことだろう。仕事をできる年齢ではないし路上で寝るより三食食べれて布団があるほうがどう考えても良い。ヤクザや裏社会が絡んでいたとしても。

ただ、老人ホームに自由はない。24時間決められたスケジュールによって管理される。寝坊したくても寝坊できないし消費したくてもできない。何もせずとも3食食べれて布団で寝れる生活だけど自由はない。そう考えると老人ホームにホームレスを入居させる政策は絶対的に良いとは思えない。

ホームレスか老人ホームの二択ならどちらを選びますか?

<西成は将来の日本>

西成は将来の日本の姿を表している。貧乏な老人は衣食住には困らないが自由はない。社会保障制度は維持するのは困難だし、経済格差は是正されそうにないので、西成に住む高齢者のような人たちは他の地域にも広がっていくことだろう。

いまの貧乏な高齢者たちはまだマシなほうなのかもしれない。僕らが老いたときは、貧乏で生産性がない老人は「姥捨て山」に合法的に捨てられるかもしれない。そこまでいかなくても、生活保護をもらい衣食住が整った施設に入居するのは貧乏な老人の中でもエリート貧乏老人だけに限定されることも考えられる。

日雇い労働者の町から高齢者の終の棲家の町へと変貌した西成の行方は、今後の日本の高齢者社会のモデルケースとなるかもしれない。

 

※こういう面白いのはまだある。オシャレなカフェバーもできているから一度行ってみてください。

f:id:guvivva:20180711090739j:plain

 

 

 

田舎に悪い人はいない

前回、田舎で実際におこっている現実を自分が知る範囲で書いた。

www.guvivva.com

これを読んで田舎に移住を考える人はいないだろうというくらい暗部を書いたので、今回はポジティブなところを書きたい。

<都会にいる悪人は田舎にはいない>

本音と建前、田舎、特に限界集落に住む高齢者は何が本音で建前かわからない。そのことは気をつけないといけないが、都会にいるような人を騙す悪人は一人もいません。資産の有無に関係なく信心深くて慎ましい暮らしをしていて、日々淡々と生活をしています。

これだけ世の中に浸透しながらも、オレオレ詐欺の被害にあう高齢者が後を絶たないのは田舎に悪い人がいないから。見ず知らずの者に通帳を渡したり、ゆうパックで現金数千万を送ったりするのは人を騙したり騙されたりする文化が田舎にはないためです。

悪く言えば世の中に対して無知なのかもしれないが、悪人ではないので安心して話すことができる。会えば野菜はくれるし、ジュースはくれるし、栄養ドリンクくれるし(田舎だとなぜか箱買いしている)、おかしはくれるし、お金もくれるし(行事のときとかだけ)と自分より若い人ならバンバンものをくれる。子どもがいれば半端ない量をくれるからね。

あと田舎で生きていく知恵の量も豊富にある。

  • タケノコがどこにあって何月まで生えて今年は例年と比べて長く収穫できる
  • 山菜がいつどこで取れて来年のためにこのくらいまでしかとらない
  • 獣の足跡をみただけで、体型、年齢、性別がわかる
  • 野菜を何月に植えればいいかわかる
  • 瓦の張替えみたいな以外なら自分で家の修繕をする
  • 家の修繕をするときに、廃材を使ってコスト抑える。廃材は集落内外に人脈があるので電話一本で解決
  • 無理のない体の使い方を知っているので80歳、90歳になっても草刈りができる
  • 水が災害などの原因で止まったとき自分たちで補修・修繕する
  • 電気が止まっても簡単な原因なら修繕する
  • 草刈り機、チェーンソー、トラクター、動噴などの農機具はだいたい使える

ざっと思いつくだけでもこれくらいある。生活の知恵がすごい。わからないことでも聞けばすぐに答えてくれるし、わからなかったら分かる人に連絡して解決する。小さいときから百姓や狩猟をして山と畑を遊び場として生活してきているから若い人は勝てない。

都会で生活して田舎にきても技術がないから、どっかのタイミングで技術の必要性がわかってスキル取得に励むことになる。そのときに生活の知恵が豊富な高齢者、もしくはおじさんおばさんが一人いるとスキル向上がはやい。ネットに情報は載ってあるけど、現場で実践して培ってきた生の情報がもっとも優れている。

僕自身も、なんでも自分でこなせる高齢者が周りにいたからゼロの状態から始めても覚えるのはやかったし、情熱があれば向こうもガンガン教えてくれるのがすごくありがたかった。

前回の記事だけ読むと「なんでお前は田舎のダークサイドばっかりを書いているのに住んでいるんだ」と思われるでしょうが、いいところもたくさんあるので住んでいることがわかってもらえたかな。

都市も田舎も100%満足できる場所はないから、自分にあう場所を選んでいければ生きるのが楽になりますね。

7月から8月の田園風景はたまらなくいいですよ。最高!一番好きな風景だ。

 

Azumino, Nagano, Japan

寺家ふるさと村 / Jige Furusato Village